Brick

株式会社ディプセルが主要事業として行っているのが、「Brick(ブリック)」というASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)運営です。

サービス名にもなっているBrickは英語でレンガを意味しています。レンガを積み上げてい家を構築するイメージで、多くの企業様とアフィリエイター様との間に良い関係性を築いていき、未来へと発展させるという理念を表した名前です。

現在、Brickでは、物販事業者向けの会員制卸売販売サイトを主に取り扱っています。

昨今のネット通販業界は、年々市場拡大の傾向にあり、日本だけで考えても屈指の成長市場と言えるでしょう。法人に限らず、個人事業主も参入しやすいECモールや通販サイトも続々と増えており、販路という面においては、参入時のハードルが低くなっているのも近年の特徴です。

とはいえ、個人事業主の場合は、資金面の弱さやコネクションが少ないことから、仕入れが非常に難しいという点が否めません。

新たに物販事業を開始するにあたって、多くの人が次のような問題にぶち当たります。

1:何を仕入れればいいのかわからない
2:仕入先が見つからない
3:仕入れる量の検討がつかない

物販を行おうとしているのに、仕入れるものがわからなければ本末転倒です。しかし、適当に仕入れを行い結果的に売れ残ってしまえば、在庫を抱えるような事態も考えられるでしょう。これらの問題をクリアするためには、どうしても市場リサーチをする必要があります。

とはいえ、無数にあるECサイトやモール内の店舗をくまなく調査して、売れている商品や価格帯をリサーチするのには、かなりの時間が必要となるでしょう。なんとかリサーチを終えて、商品を見出し価格帯を把握したとしても、結局いい仕入先が見つからなければ、利益を上げることができません。日本国内の仕入れ先で、利益に見合ったところがあればいいのですが、そもそも日本は物価が高いこともあり、海外に視野を広げる必要もあり得ます。

さらには、長期的に安定して商品を提供してくれる仕入れ先を選ぶことも大切です。業績が上がってきたところで、仕入れ先が取り扱いを中断するようなことになれば、別のルートを見つける必要が出るばかりか、最悪の場合、販売をやめることも否めません。

また、基本的に仕入れは「ロット単位」で行うのが通例であり、最低でも数十個から仕入れなければならないということも多いでしょう。まだ事業を立ち上げたばかりの段階で、売れるかどうか未知数の商品を一度に多く仕入れるといった難関が待ち構えています。

これらをご覧いただいてわかるように、仕入れをするということは実にハードルが高く、問題点も多い作業です。そのため、ECサイトへの参入はハードルが低くなったものの、実際に商品を販売するのは難しいというのが現状でしょう。

会員制卸サイトは、これらの仕入れに関する問題を一気に解決します。このサイトでは、すでに市場リサーチがなされた上で、売れやすい商品を取り扱っており、しかも1個ずつ仕入れることが可能です。

運営元は、国内に拠点を持っており、もちろん日本の企業であるため、日本語でやりとりができるので安心でしょう。2021年7月の段階で、商品のラインナップが約2,000種類もありバリエーション豊かなのも魅力です。さらに、新商品を随時追加しており、旧式化したものや価値が落ちた商品を見直し、常にフレッシュな状態で売れる商品を仕入れることができます。

これからネット通信事業に参入しようとしている方や、新たな販路を探している方にオススメのサービスと言えるでしょう。

Brickでは、個の他にも様々なサービスを取り揃えています。企業とアフィリエイターとをつなぎ合わせるマッチングサービスとして、これからも邁進してまいります。

Brickサービスサイト